FC2ブログ

【終了】スタッフ募集していました

<2017.10.06 更新>
スタッフ募集は終了いたしました。

現在は受け付けておりません。



--------------------

現在、弊社は製造スタッフ募集につき、ハローワークに求人を出しております。

求人票には仕事の詳細を書ききれなかった(書けない!?)ため、こちらに仕事の内容等を記載いたしますので、我こそは!と思われた方のご応募をお待ちいたしております。

--------------------

【仕事内容】
●原型製作
図面やデザインイラスト等に基づき、粘土や発泡スチロールで原型を作ります。

ある程度経験を積んでいくと任される仕事です。

DSC_0322_20170831112219d40.jpg

IMG_1828_3.jpg



●FRP(ガラス繊維強化プラスチック)の製品成形作業
原型から製品を作るための型(成形型)を起こし、そこに樹脂とガラス繊維を積層して製品となります。

その製品の「形づくり」の作業です。

樹脂が硬化してしまうのでスピーディーに、そして大きなものは複数での作業になるため、チームワークやコミュニケーションスキルが求められます。

ガラス繊維がチクチクしたり、樹脂やアセトンなどで多少手が荒れたりします。

IMG_0378.jpg

IMG_0381.jpg



●磨き
塗装前に表面をきれいに磨きます。

研磨した粉が舞い上がり、真っ白になります。

IMG_0379.jpg



●塗装
製品の最終装飾が施される重要な部分です。

IMG_1935.jpg



●現場出張作業
時には現地据付作業や補修作業もあります。

県外へ泊りがけのこともありますが、年に10回程度(工房全体・個人はもう少し少ない)です。

現場では安全・迅速な作業が重要ですので、「ほう・れん・そう」(報告・連絡・相談)という基本的なことがとても大切です。

疑問点は質問し、互いに意思疎通を図ることが求められます。

当然のことを書いてあるようですが、人見知りや会話が苦手な方にはハードルが高いことですので、あえて記載いたしました。

IMG_1389-2.jpg

IMG_1455.jpg

…ざっくりこんな感じの仕事内容です。


【就業時間】
体力勝負の仕事ゆえ基本的には定時が多いのですが、年度末の繁忙期や短納期の注文が入った時など、状況に応じて残業があります。

毎月コンスタントに残業ではありません。


以上、弊社に興味を持たれた未来あるあなたのご応募お待ちいたしております。


社員研修@高松(二日目)

社員研修旅行の二日目は直島です。

本当は豊島も候補に挙がっていたのですが、よりによって豊島の美術館全部が年に一度のメンテナンスに入っていたため、直島のみとなりました。

IMG_6873_201708171727480c4.jpg


さあ、フェリーに乗ります。

まずは「ベネッセハウスミュージアム」です。

IMG_6884.jpg

美術館とホテルが一体となった施設でアーティストが直島に滞在し、この場所のために制作したコミッションワークが多いのが特徴です。

設計は安藤忠雄氏で1995年に建築界のノーベル賞ともいわれる「ブリツカー賞」を受賞しています。


続いては歩いて地中美術館へ移動です。

IMG_6885.jpg

IMG_6886.jpg

IMG_6894.jpg


瀬戸内の美しい景観を損なわないよう建物の大半を地下に埋設した美術館です。

クロード・モネ、ジェームズ・タレル、ウォルター・デ・マリアの作品が安藤忠雄設計の建物に恒久設置されています。


IMG_6890.jpg

去年お仕事させていただきました現代美術家・柳幸典さんの作品も数多く展示されていました。




島内には瀬戸内国際芸術祭の屋外作品が多数点在しているアートの島になっています。

草間彌生「南瓜」(1994年)などが有名です。

IMG_6905.jpg

IMG_6912.jpg

私たちは普段、遊具やモニュメント、立体サイン等の造形物を製作しているため、目を肥やす目的でこうした研修旅行の他にも忘年会等の前に美術館へ立ち寄り、日々学習に励んでいます。


IMG_6922.jpg

今回、一緒に旅のお供をしてくれたスタッフのお子ちゃまたち。

今は何も分からないかもしれませんが、大きくなったときに「そういえば…」という知識の引き出しに入る一部となってくれることを期待しています。

社員研修@高松(一日目)

先日、4年ぶりに研修旅行がありました。

行先は高松&直島です。

初日は高松からスタート。
お昼にうどん打ち体験をしました。

讃岐地方は昔から上質な小麦が生産され、品質の良いいりこが手に入り、製塩が盛んなことと小豆島が江戸時代から醤油の産地であったことから、うどん作りに適した土地といわれています。


IMG_6848.jpg

IMG_6809.jpg

IMG_6817.jpg

IMG_6842.jpg

想像以上に美味しかったです。


お次は栗林公園へ。

文化財庭園としては日本最大の広さを誇り、2009年のミシュラン旅行ガイドにおいて「わざわざ旅行する価値がある」を意味する最高評価三ツ星に選ばれています。

「借景」とは庭園の外の山や樹木などの風景を庭の一部として取り入れる造園手法のひとつで、栗林公園は背後に見える紫雲山が背景として重要な役割を果たしています。

「池泉回遊式」と呼ばれる作庭様式を取り入れ、園内を散策しながら移りゆく景観を楽しみ、一歩歩くごとに風景が変わる「一歩一景」の魅力があるといわれています。

この作庭様式は、地元石川が誇る日本三大名園「兼六園」にも共通するものです。



IMG_6866.jpg

IMG_6867.jpg

IMG_6863.jpg

IMG_6868.jpg

広い公園だけあり、めちゃめちゃ歩きました…。


(二日目へつづく…)

動物たち

201211081207000_20121115125455.jpg
出荷前の動物たちがいっぱいです。
どこかの公園でお会いしましょう。

まだまだ冬です(~o~)

外の景色


立春も過ぎ、2月も半分折り返し、昨日はすごく天気が良かったのに…


すっかりモノクロ写真のような景色に逆戻りしてしまいました


年度末にさしかかるせいか、おかげさまで工房内みんなそれぞれが忙しい状況ですが、体調も崩さず頑張ってます